大衆車の改造

一般的な大衆車として認識されているのが、セダンや、ステーションワゴン、スポーツタイプのクーペ、クロカンよりひとまわり小さいSUVなど、ミドルクラスのクルマです。これらは基本的にチューニング、それからドレスアップのベース車両としてふさわしいものが多いのが特徴です。

たとえば日産のシルビアやホンダのインテグラ、スバルのレガシィ、三菱のランサーなどいろいろなものがありますが、乗っている車種によってその改造車としての方向性に違いが見られます。それは、スポーツ系なら走りを重視したものだったりなどです。他にもこのクラスは、タクシーやパトカーに採用されることもあります。日産のクルーやトヨタのクラウンなどが、業務用車両に使われています。