次世代ステアリング技術について

現在のステアリングは、ハンドルとタイヤ部分が連結していると言っても良いでしょう。しかし、時代は進化しつつ在るのです。それが次世代ステアリング技術でしょう。 次世代ステアリング技術は、なんとハンドル操作を受け付けて受信してタイヤに操作を与えます。

要するに、無線LANなどのように無線で情報を飛ばして操作させるような技術になっているのですよ。これをすることで、従来のステアリングに必要になっていた部品の何個かが必要無くなりますし、車体が大きい車両にも対応することが出来るでしょう。それに、ステアリングの負荷をかなり下げることが出来るので、壊れ難くすることができますね。ただ、幾つか問題が無いわけではありません。 まず、情報を飛ばす方法を使用しているため、多少のラグが発生する場合があります。

まあ、これからの技術でそこまでラグが出ないようになると思いますが、それでも緊急時の操作に対応できない場合があるので注意しないといけません。また、送信する機械がハンドルの入力を受け付けない状態になると完全にハンドルが効かなくなるのも問題でしょう。 このようにステアリングの技術が次の時代になっていきますね。ただ、まだまだ改良しないといけないところが在りますので、これからの進化に期待ですね。