ステアリングの悲鳴を聞いたら

あなたはハンドルをきった時に「キー」と音がした経験が無いでしょうか?その後音は出なくなって安心していないでしょうか。そのような状態は危険になる一歩手前なので注意してください。 朝運転する時に、ハンドルをきると「キー」と変な音を聞いたことが無いでしょうか。その後そのような音が出なくなるが、次に日などに車両に乗るとまた「キー」と変な音が再度出たことが無いでしょうかね。このような音を聞くようになった場合、ステアリングに異常が出ている場合があります。

そのような音を出しているのに放置していると、その音が止まらなくなるでしょう。こうなるとレッドラインでしょう。最悪ステアリングが破損する場合が在りますので注意してください。 ステアリングがこのような音を出す原因は、しっかりと動いていないからです。ステアリングのパワステオイルが無くなってこのような音を出している恐れがあり、結構部品を痛めているでしょう。

音が鳴らなくなるのは、そのパワステオイルが熱により伸びただけなので、増えたわけではありません。だから、このような異変が在った場合はしっかりと直すようにしてくださいね。 このように、ステアリングの悲鳴が聞こえることがあります。そのままステアリングを酷使するとステアリングが壊れてしまい、事故になる場合がありますので注意しておいてください。