ステアリングとタイヤについて

ステアリングの仕組みとしては、ハンドルを動かすことでタイヤ部分を動かすことができます。では、どのようになっているのかを説明してきますね。 まず、乗り物にはハンドルがあります。基本的にはこのハンドルを動かすことで方向転換をすることが出来るでしょう。その仕組みとしては、ハンドルにステアリング・コラムと言う接続棒にラック・アンド・ピニオンと言うギアが連結しています。ハンドルを回すことで、ラック・アンド・ピニオンが回転していくでしょう。そして、タイ・ロッドが移動をします。

タイ・ロッドが左右のどちらかに方向事でタイヤに接続しているキングピンにより方向転換に必要な角度をタイヤに与えて車両を曲げることが出来るでしょう。だから、このステアリングが壊れてしまうと方向転換が出来ない状態になり事故を起こしますので注意してください。特にラック・アンド・ピニオンは、ステアリングを動かす上でかなり重要になるので注意してください。

このようにハンドルとタイヤが直結しているのです。そこまで難しいシステムで作られているわけでは無いでしょう。ですが、かなり重要な部分なので注意をしてください。ちなみに、このステアリングの機能を改良した物が現在作成しています。それを使うことで、従来のステアリングを使用する必要が出なくなるのでとてもすごいものでしょう。興味の在る方は調べみてください。