ブレーキ

車の構造というと主に走るための構造について想像しがちですが、車を止めることもとても重要なものになっています。 車を止める構造と言えばやはりブレーキです。 ブレーキがなければ車は永遠に走り続けてしまいます。 このブレーキにも実は種類があるのです。

最近のブレーキと言えばディスクブレーキというのが主流になってきています。 円盤状になっているディスクローターというプレーとがありそれをブレーキパッドではさむことに成り立っているものです。 これを摩擦させることでブレーキが利くようになっているのです。 ではこのディスクブレーキが主流になる前はどのようなブレーキだったのかというとそれはドラムブレーキと呼ばれるものです。 ブレーキシューと呼ばれているものを押し出し外側に押しつけてタイヤの回転を止めるという仕組みになっています。

このブレーキは今ではあまり使われていませんが、コストはディスクブレーキと比べると安いので未だに利用している車もあります。 こういったようにブレーキにも種類がりそれぞれ構造や仕組みが違っているのです。 ブレーキがよければ事故などを避けることができるので、しっかりとブレーキについて学んでおくことが大切です。