ボディ

車の構造が車によって違ってくると言われてもイマイチピンとこないと言う人も多いのではないでしょうか。エンジンなどの見えない部分と言うのは構造が違ってもどのように違っていてどうなっているのかというのはなかなか分からないものです。

しかし、車の構造の違いのなかでも分かりやすいものと言えばやはりボディではないでしょうか。 車を選ぶときに形などによって選ぶ人も多いと思いますが、あれは見た目が違うのではなく中身の構造が違うのです。 ボディには大きく分けると9種類になっています。 よく見るボディの構造と言えばセダンと呼ばれる構造ではないでしょうか。 セダンは4枚のドアにトランクのスペースがある構造になっています。

次に最近注目されているボディとしてSUVと呼ばれているものがあります。 これは悪路などを走るために作られたボディの構造で車高が高くなっていてタイヤも走りやすいように大きいものになっているのです。 家族などでキャンプに出掛けたりオフロードなどをよく走らなければならかったりという人向けの車になっています。 いま上げた二つ以外にも様々な種類がボディにはあるのです。 こういったボディの種類について知っておくと車も選びやすくなるのである程度知っておいてください。